肌荒れに悩む人生

肌荒れに悩む人生

肌荒れに悩む人生

X「何も肌ばかりが人生じゃない」
物わかりがよいようで、肌トラブルに悩む人の肌への熱意に水をさすようでは、根本的なところで失格。肌トラブルに悩む人が指示を守らなかったり、「肌に悪い」ことをした時も、たしなめる姿勢が見えなければ、(肌トラブルに悩む人としてホッとはするが)正しいスキンケアとはいえない。コヽれは叱られて当然」という之ころで叱られたら◎だ。

 

 

 

〇長もちした記録を出してくる
肌科の健康な肌には、「跡」が残る。コメドや根管健康な肌には、五― 十年あるいはそれ以上の長丁場のこともある。「あなたに似たケースでは」などと、カルテから記録を取り出して見せてくれ、その初診と最近の日付が十年へだたっていれば、腕がいい証拠。カルテや記録を長期間、出せるよう整理してある点でも立派だ。

 

◎熱心な、いいスタッフが居ついている
肌トラブルに悩む人でなく、かせぎ優先のスキンケア院は、肌トラブルに悩む人の肌に熱心なスタッフ(肌科衛生士など)が、イヤ気がさして、やめてしまう。逆に、熱心で指導も巧みな肌科衛生士が長く勤めているのは、 一般にスキンケアの支持あればこそ。もっとも、女性なら結婚年齢もあるから「一人やめたら×」とはいえない。次々とやめるのは、問題がある証拠だ。
○精一杯やってくれる
肌トラブルに悩む人の肌のこととなると、何でも労をいとわない。肌トラブルに悩む人のほうが「先生、もういい加減でいいですよ」とへきえき気味になる。――文字通り、自分の肌の先生、といえる。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ