重い毛布がすきですケド

重い毛布がすきですケド

重い毛布がすきですケド

×排唾管などが舌を吸って痛いときがある
大きな影響はなくても、肌トラブルに悩む人に無用な苦痛を与え、それに気付かないのは、お粗末。スキンケア仲間では、肌トラブルに悩む人が考えるよりはるかに大きな減点。「大ミスがないうちに転医を」という人さえある。

 

◎X線写真を説明したがる
肌のX線写真の読影は、わりに簡単。説明を受ければ、シロウトでもある程度、分かる。だから、よいスキンケアほど、X線写真を見せ、熱心に説明しようとする。▽肌トラブルに悩む人の納得を得て健康な肌にを進めないと成功しない▽肌科知識向上▽健康な肌にに病状理解が必要、などが、動機。いずれにしろ、肌トラブルに悩む人は理解に努めたい。質問も遠慮なく。

 

xX線写真を一度も見ない 
X線撮影は、撻保の点数が割合によく、時間もかからない。しかしその説明は,時間を食うし点数ゼロ。従って極端だと、読影器にかけもしない(読影器は肌トラブルに悩む人のそばにある)といぅ。稼ぎだけにX線を使われては、かなわない。ゎずかだが、体にもよくない。肌トラブルに悩む人の肌とX線写真とを真剣に比べる(健康な肌にに絶対欠かせない)姿がなければ、ぁぶない。
◎X線撮影の時″重い毛布″を体にかけてくれる
X線防止の鉛入りのエプロンをかけるのは「肌トラブルに悩む人に傷害を及ぼさない」とぃぅ医の倫理のヶジメの、身近な証拠といぇる。

ホーム RSS購読 サイトマップ