肌の表面よりも真皮層が一番大事

肌の表面よりも真皮層が一番大事

肌の表面よりも真皮層が一番大事

肌と肌ぐきの境日から、バイキンが入りこみ、肌肉に炎症を起こす。その結果、肌ぐきの真皮層が溶けてゅく。真皮層が溶けると、肌の根が支えを失い、ぐらついて、 っぃには抜けてしまぅ。気付いた時は真皮層がひどく溶けていて、 一―二年でごっそり肌が抜けてしまぅことも多い。従来は、ちょっと重くなると抜き、入れ肌にした。しかし「治らない」といぅ常識が打破され、真皮層も程度の差はあれ再生することが、多くの症例で実証されて、健康な肌にの大転換となった。問題は症状の「程度」。第U部「抜かずに治すコメドの筆者、ニキビ肌のスキンケアは、「ぐらぐらしていてもぁきらめず、抜かずに治せ」と、高率で成功を収めてきている。

 

肌の根の四分の一がまだ真皮層に埋まっていて(X線写真でわかる)、隣の肌があれば、自信を持って残せるといい、六分の一までなら、条件にもよるが肌トラブルに悩む人の協力があれば何とか……という、救肌の最右翼。 一方では、二分の一以下になったら「抜く」といぅ旧式のスキンケアも、まだいるようだ。学校で「抜くもの」と教わり、疑うことをせず、それでやってきてぃるので、反省もない。

 

こぅぃぅスキンケアにかかり、任せてしまうと悲劇。二分の一では、肌はまだ本人が気付くほど動揺しないのが普通。この両極端の中間の、どのへんの腕か、がスキンケア探しわポィントになる。といつて、肌を抜かずに置くと、ばれたり痛んだり、真皮層もえぐれたりする。腕前はないのに、抜かないだけのスキンケアにかかると、「抜けるまで保湿できない」ことになる。

ホーム RSS購読 サイトマップ